さくらんぼ人気ランキング

山形産や山梨産の甘みの強いさくらんぼ通販サイトをご紹介しています。
市販では味わえない
大きい
甘い
ジューシー
な産地直送・採れたてのさくらんぼの美味しさをご賞味ください。さくらんぼを買う・購入するのに最適なお店をご紹介します。

 

山形県天童市産佐藤錦 品評会優勝のさくらんぼ


阿部隆幸

さくらんぼ品評会優勝
のさくらんぼ生産者阿部隆幸さんの佐藤錦は、「昔からとにかく味がいいんだよなぁ」と青果卸会社の社長もうならせる、美味しいさくらんぼです。

冬の間からコツコツと育ててきたさくらんぼを、完熟になってから出荷します。だからほとんど日持ちしませんが、ベストな味を楽しめます。
阿部隆幸さんの農園はエコファーマーとしても認定されていて、環境にも配慮した子どもでも安心して食べられるさくらんぼです。

価格 容量 生産者
4,480円(税抜き) 秀品 Lサイズ 500g (パック) 山形県天童市 阿部隆幸

阿部隆幸佐藤錦

 

 

山梨のさくらんぼ 佐藤錦 2L以上 500g バラ 箱詰

山梨産佐藤錦

近頃人気急上昇の山梨さくらんぼです。通常さくらんぼは2Lサイズまでですが、山梨のさくらんぼは2L以上とビッグサイズ。大きな果肉でジューシーな上にとっても甘いと山梨さくらんぼファンも増えてきています。

 

山形産と比較しておも求めやすい価格の山梨さくらんぼ佐藤錦がオススメです。

価格 容量 生産者
3,500円(税込) 500g (バラ詰) 山梨ふるーつ・ネット

山梨産佐藤錦

 

 

山形産 佐藤錦 700g 化粧箱入り 送料無料

贈答用佐藤錦

贈答用にも使える山形産 佐藤錦 Lサイズ 秀品 700gです。

温暖さん激しい山形産ならではの真っ赤なさくらんぼを350gずつ化粧箱に収めてあります。見た目も味も良いので、贈答用としても人気のさくらんぼです。

価格 容量 生産者
4,480円(税込4,838円) 700g 化粧箱入り 山形県 山形県産

 

 

山形産さくらんぼについて

さくらんぼ

さくらんぼといえば、山形県が名産です。全国のさくらんぼ収穫量の7割程を山形が占めている程です。

ちなみにさくらんぼの収穫量第二位は山梨県、第三位は青森県となっています。

 

なぜ、山形がさくらんぼの名産なのかというとやはり気候に恵まれているからでしょう。
山形県は開花期の天候に恵まれている地域なので、美味しく健康的なさくらんぼを育てやすいのです。夏は暑く梅雨の時期でも雨が少なく、繊細なさくらんぼでもしっかりと育てることができます。
収穫時期は5月下旬から7月なので、この時期なら美味しい山形のさくらんぼを食べることが出来るでしょう。

 

また、時期によって収穫できる種類が違います。
たとえば5月下旬から6月上旬は、日の出やセネカ、シャボレー、紅さやかなどが採取できるでしょう。
6月中旬から下旬にかけては高砂、佐藤錦、山形美人が旬の季節です。佐藤錦は特に有名なさくらんぼの銘柄なので、聞いた事がある人も食べた事がある人も多いのではないでしょうか。
最後に、7月下旬から中旬にかけてはナポレオン、南陽、紅秀峰などが旬の季節となっています。

 

できるだけ安く美味しいさくらんぼを食べたい場合は、6月から出回るさくらんぼがおすすめです。これより早い時期のさくらんぼは、ハウス栽培の高級な商品が多いでしょう。
しかし6月からは旬の安くて美味しいさくらんぼがどんどん出回ります。甘く、適度な酸味がある、山形のさくらんぼはとてもお奨めです。いろいろな銘柄を食べ比べ、自分好みのさくらんぼを見つけましょう。

さくらんぼ佐藤錦の特徴

佐藤錦は、さくらんぼの中でも特に有名な品種です。一番有名といっても過言ではない品種なので、名前を聞いたことがあるという人も多いでしょう。
また、国内で最も多く生産されている種類でもあります。

 

佐藤錦は、1912年から16年かけて丁寧に交配されて生まれた品種です。名前の由来は、山形県東根市の佐藤栄助さんが由来となっている様です。
また、驚くほどの甘さなので、砂糖のように甘いという意味も込めて佐藤錦という名前になりました。
名前の由来の通り、とても甘味の強いさくらんぼとなっています。砂糖のような甘さに加えて果汁が多く、食べごたえがあるのでさくらんぼは佐藤錦が一番好きだという人も多いでしょう。
もちろんさくらんぼ独自の酸味も十分に含まれている、甘さと酸味のバランスがとても良い品種です。

 

佐藤錦といっても、値段が幅広く設定されています。
山形の農家で丁寧に丁寧に栽培された商品は、果物の宝石と呼ばれるほど高級感がありとても大きく、一つ一つが輝きを放っています。
徹底した温度管理とミツバチや人の手による人工授粉、綺麗な色を付けるための日当たり調整など大切に栽培された商品は1キロ一万円近い価格で販売されています。
高いと感じるかもしれませんが、価格に見合った味わいで果実が持つ本来の甘さがぎゅっと濃縮された濃さが感じられるでしょう。
もちろん、安い商品であればスーパーなどでパック販売されており、価格も気軽に購入できるでしょう。

さくらんぼ紅秀峰の特徴

さくらんぼ2

紅秀峰は、べにしゅうほうと読むさくらんぼの種類です。

さくらんぼの品種といえば、佐藤錦を一番最初に連想する人が多いのではないでしょうか。確かに、日本で一番多く生産されているさくらんぼの品種は、佐藤錦です。
紅秀峰は、今から約10年ほど前に生まれた山形の新しいさくらんぼの品種です。

 

佐藤錦と比べると、やや実が大きく酸味が控えめで、甘さを強く感じられる製品となっています。
また、実が比較的硬いので日持ちも良く、最近ではお中元の為に購入する人もふえているといわれています。

 

紅秀峰は、さまざまな交配を繰り返して生まれた品種です。紅秀峰と佐藤錦はとても相性の良い品種なので、お互いが受粉木になることが多く二つの種類を栽培する農家が山形にはとても多いそうです。
佐藤錦は6月中旬から下旬にかけてが旬で、この時期に多く販売されていますが紅秀峰は7月上旬から徐々に収穫がはじまります。
長く楽しめる味なので、暑い時期にぴったりなさくらんぼなのではないでしょうか。

 

まだまだ知名度の低い紅秀峰ですが、甘さが強く酸味が少ないので特に小さいお子様に人気のさくらんぼとなっています。
アメリカチェリーのような硬さはありますが大きく、甘く、たっぷりとさくらんぼの美味しさを感じることが出来ます。
値段も1キロ4000円程と、決して高くないので購入しやすいのではないでしょうか。
気軽に食べられる、とても美味しくて甘い山形のおすすめのさくらんぼの品種が紅秀峰です。